Home

「希望の塾」に入塾しました! | まるごとオフィス(東京都新宿区)

受付時間平日9:00~18:00

まるごとオフィス Blog

「希望の塾」に入塾しました!

2016/11/17 木曜日

希望の塾 小池百合子都知事皆さん、小池百合子都知事が開塾した「希望の塾」というものをご存知でしょうか?
https://koikejyuku.tokyo/

この度、そこの塾生として入塾しました。

全国から4827人が応募し、1期生2902人が入塾したそうです(入会金5万円なので1億4500万の売上)。

10月30日の開塾式には所用で参加できませんでしたが、11月12日(土)に参加してきました!

今日のブログは、その内容を私なりにまとめてみました。
面白いブログと言うよりは、ただの情報共有ですが、
興味ある方は読んでください。

小池百合子都知事の政策をざっくり話すと以下の通り。

キーワードは以下の4つ
・東京大改革
・大儀と共感の政治
・徹底した情報公開

・都民ファースト

東京大改革を推し進めるためには、
大儀と共感の政治を行わなければならない。
大儀とは東京大改革を推し進める事。
共感の政治とは、
都民に身近で解り易い政策を行う事で、
共感を得ていく事です。
例えば、小泉内閣の時に環境大臣だった小池百合子都知事は、
地球温暖化対策で、もっとも解り易い対策「クールビズ」を2005年に旗揚げ。

<大儀>
⇒地球温暖化対策

<共感>
⇒暑くてもネクタイしなければ失礼な常識を、
ネクタイをしないのが当たり前の常識に変えましょう!
そうすれば男性のサラリーマンの皆さん楽でしょ!?
その代わり、オフィス内の温度は28℃にしてね!

という事です。

信号待ちでエンジンを切るCO2削減は
自分に直接的メリットが無いから、やりたく無い人も多いはず。
しかし、クールビズはサラリーマンにとって直接的メリットがあるから、
数多くの人が賛同。賛同した人は室内の温度を28℃にしてくれる。
理にかなった政策です。
これは、11年経った今でも日本に根付いている地球温暖化対策です。すごい!

では、今回の身近で解り易い政策は何か?
第1フェーズ
徹底した情報公開
を行い
ブラックボックスをなくしてクリーンな政治を行う。
税金の無駄遣いを徹底して無くして出費を抑える。
具体的には東京オリンピック予算の見直しで
連日、いくら経費が削減されるかがTVやネットなどで
公開されている。

第2フェーズ
税金を都民のために正しく・賢く使う。
都民ファーストの政策を行う。
第1フェーズは出費を抑える事で
第2フェーズは投資をして都民のために何かを獲る事なのですが、
この部分がまだ具体的ではなく、これからなんだな~ と感じました。
ただ、小池百合子都知事の都政がどのような方向に進んでいるかは
大体わかった良い時間でした。

感想としては、
政治に民間企業の経営感覚を反映させた
素晴らしい考え方だなと共感しました。
企業のV字回復を題材にしている本に記されている内容と似ていて、
非常に考えさせられる素晴らしい時間でした。

まるごとオフィスの会社経営にも反映させないと・・・
私が100%株主の会社だから、ブラックボックス公開できるかな(笑)

ちなみに、私は政治家を目指している訳ではありません。

倉又 康充