BLOGまるごとオフィスBLOG

デジタルコンテンツでもっともイライラすること

2019.04.12 金曜日

デジタルデバイス(スマートフォン、タブレット、PCなど)を所有する18歳以上のユーザーを対象とした意識調査がアドビにより行われました。
今回はその調査の結果を一部ご紹介します。

【コンテンツを探している際に、もっともイライラしてしまうこと】(アドビ調べ)
1位:「コンテンツを見つけるまでにページをたくさん見る必要がある」(33%)
1位:「サイトに関係のないオファーを受ける」(33%)
2位:「ページの読み込みが遅い」(32%)
3位:「サイトに関係のないコンテンツがある」(30%)

なんと、上位三つがほぼ同率で並んでいます。
デジタルコンテンツ視聴の一日平均がもっとも長いとされる18歳~34歳の世代では、「ページの読み込みが遅い」と回答した人が41%に昇るといいます。

また、【ブランド企業のコンテンツで不快に感じること】については、「ページが長い/文章が下手」(43%)、「自分の状況に関連性がない」(25%)、「自分のデバイスに最適化されていない」(23%)、という結果になりました。

ユーザーがサイトから離れていく理由として、
「ページが必要以上に長い」
「目的のコンテンツが見つけにくい」
「デザインが見にくい(PC・スマホに最適化されていない)」
などが全体的な傾向となっているようです。
上記の結果からも、限られた時間の中でいかにユーザーが求めている情報を効率よく提供できるかが重要なことがわかります。

・パソコン、スマホのどちらで閲覧した際も、見やすい構成になっているか?
・コンテンツに辿り着くまで、わかりやすく的確な導線となっているか?
・読みやすい文章になっているか?

などを考慮したホームページの見直しがより一層重要になります。

CONTACT

ホームページ制作で売上アップ
中小企業・小規模オフィスのことならご相談ください。

0120-0510-33

CONTACT FORM